Sponsored Link

2007年10月24日

「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」ボブ・プロクター著

あなたが過去や現在の状況を参考にして生きているかぎり、
決して夢が現実になることはありません。

自信を持って前向きな人生をイメージし、
それを実現することを確信するのです。



ボブ・プロクター著「宇宙を味方にしてお金に愛される法則」(きこ書房)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877712198/seikounotamen-22




全米50万部のベストセラー、
世界中で話題沸騰!ということで、
「お金に愛される」というタイトルに惹かれて買いました(笑)。


どうしたらお金持ちになれるのか?
シングルマザーで自営業の私でも、大金持ちになれるのか?

と、ずっと考えていました。
本の帯に、
「お金に困らない生き方の極意」
と書いてあり、期待して読み始めました(笑)。



さて、この本を読んで、
やっぱり潜在意識が関係し、
思考が現実化するというお話か〜と思いました。

この手の本は何冊も読んだのですが、
なかなかイメージができません(涙)。
想像力が弱いんでしょうね・・・(トホホ)。


理屈では、
脳で考えていることが実現されるんだよ、
現状の生活に反映されるんだよとはわかっています。

でも、
なかなか豊かになった自分をイメージできないんですよね(苦笑)。
すぐ、過去を振り返ってしまうので・・・(恥)。

それに、自分は豊かになっていいのだろうか?
と、自分がお金持ちになることが許せないんですね・・・。



それでも少しずつ読みすすめていくと、
そんな自分でも、
過去を振り返っちゃいけない、前を見ようと思います。

少しずつ、少しずつ・・・、ですが、
自分を変えていこうと思いました。


posted by 元気 at 14:25 | 自分を信じる

2007年10月14日

佐藤富雄著「シンデレラの教え」

街角で見かける幸せそうなカップルを、素直に祝福できますか?

お金持ちの人を、
どこかひねくれた目で見ていませんか?



佐藤富雄著「シンデレラの教え」(宝島社)
http://tinyurl.com/25nscz






佐藤富雄さんは、
自分をほめ、自分を好きになるだけではなく、

「他人を褒め、他人を好きになることも、また大切なのです。」

と言っています。



日本一の大金持ちと言われた斎藤一人さんが、
今では長者番付に名前がのる弟子たちに教えたことも、
お金持ちになる方法ではなく、
他人の幸せを祈ることだったそうです。


嫉妬しないで、祝福できるって、
自分も他人も豊かに幸せになれる、
すばらしいことなんですね!


というのも、精神世界はすべてがつながっているそうです。
つまり、他人の幸福を祈ることは自分の幸福とつながっている、
自分の幸福を祈ることと同じ、
なんでしょうね。


posted by 元気 at 11:03 | 自分を信じる

2007年10月02日

ギャレット・フレイヤマン=ウェア「マイ・ハートビート」

そうして私たちは三人で、
パパの大好きな言葉を叫ぶのだ。

「心の鼓動(ハートビート)に従って生きるんだ!」



ギャレット・フレイヤマン=ウェア著「マイ・ハートビート」(河出書房新社)





迷いながらも自分らしさをさらけ出し、
時間をかけて自分を理解してくれた男の子とセックスにいたる、
中高生に読んでほしいお話です。

なぜ、時間をかけて理解してもらうのか。
考えさせられます。


マイケル・プリンツ賞を受賞しています。



お互いに理解し、理解してもらうのには、
時間がかかりますよね。

特にセックスに結びつくような関係は、
時間をかけて、自分も相手を知ることが大切ですよね。


お互いの心と体を傷つけないように、ネ。

posted by 元気 at 12:11 | 自分を信じる

2007年09月24日

星野十著「薬理栄養学」


どこでどう生き、どう死ぬかは、
そのあなたが決めるべきことです。


星野十(とお)著「薬理栄養学」(アチーブメント出版)




医者の家系で、星野家の10代目ということで、
本名が「十(とお)」と言うそうです(笑)。

国立病院などに勤務しましたが、
「星野予防医学研究所」を設立し、
予防医学や薬用植物・栄養補助食品に関する講演もしているそうです。


西洋医学を信望していたそうですが、
体調が悪かったときに、サプリメントで体調がよくなり、
半分寝たきりだった父親が、
1週間で一人で歩けるようになったという経験から、
現在に至るそうです。

そのときの人との出会いが、
ドクターとおの人生を変えたんですね!

posted by 元気 at 07:08 | 自分を信じる

2007年09月14日

勇気は自分で作る

「おねがい、わたしに勇気をつくって。」

セセラクはハード語で言った。
テナーはいささかめんくらった。

「勇気は自分で生み出すものよ。」



「ゲド戦記5 アースシーの嵐」ル=グウィン著(岩波書店)





全6巻の本も、やっと5冊まで読み終わりました。
ますますおもしろくなってきています。


こんな長編を書くのは男性作家だろうとてっきり思っていたのですが、
表現が細かく、
生活のこともよく知っているので女性的だなと思っていたら、

アメリカ人の女性作家でした(笑)。



細かい街の様子や生活ぶりなどの描写が長々と続くので、
厚い本になっていますが、
この長編を書くエネルギーのすごさに、私は圧倒されました。



posted by 元気 at 04:40 | 自分を信じる

2007年09月07日

「ビジネスマンのためのプレッシャーに強くなる 豊田式メンタルトレーニング」豊田一成


スポーツ選手と同じように、
私たちも調子のいいときがあったらメモしておきましょう。

それはもっとも健康な状態であり、いい仕事ができるときです。

無味乾燥な壁に立ちふさがれてしまったときや不調のときに、
好調時のメモを取り出してみれば、当時の自分をもう一度復元、
イメージとして持ち上げてくることができます。



「ビジネスマンのためのプレッシャーに強くなる 豊田式メンタルトレーニング」
豊田一成著(きこ書房)




著者の豊田一成さんは、
びわこ成蹊スポーツ大学教授、滋賀大学名誉教授ですが、
野球のイチロー選手やサッカーの小野伸二選手、中村俊介選手、井原正巳選手、
川口能活選手たちにメンタルトレーニングをしてきたそうです。

実際に結果が出ているということで、
12日間にまとめたトレーニング方法が書いてあります。


posted by 元気 at 05:29 | 自分を信じる

2007年08月27日

私はできるのだ

ですから、「できない」「余裕がない」と言うかわりに、
「その可能性に挑んでみる価値はある」と言ってみるべきなのです。
すべてはそこから始まります。

まず、「私はできるのだ」という考えを選んでください。
そしてその考えで人生を統一してください。



佐藤富雄著「超人手帳」(オーエス出版社)




ポジティブな言葉を口癖にして、
幸せな愛される人生にしようという本をたくさん書いている佐藤さんです。


私は佐藤富雄さんの本が大好きです。

それは、前向きな元気な文章で、
自分の可能性を、すばらしい未来を垣間見せてくれるからです。



この本の最後にも、
元気になれる言葉がたくさん載っています♪

posted by 元気 at 04:54 | 自分を信じる

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。